FW089_s.jpg

キャッシング、カードローンを低金利ローンにおまとめローンにすることで毎月の返済額を減らすことが出来る可能性があります。

また、複数の金融業者から借り入れされている場合は返済日を把握するだけでも大変なものです。

おまとめローンに一本化することで、精神的にも楽になり、返済計画が立てやすくなるなどのメリットもあります。

借り換えにはもちろん審査がありますが、キャッシングの審査自体は、どれも費用は無料ですので、チャレンジしてみることをおすすめします。

2009年10月31日

高松あすなろの会:債務整理巡る無料電話相談 来月2日から3日間 /香川

報酬が期待できるため、多重債務者が法定金利を超えた返済分「過払金」を取り戻す以外は扱わない▽ヤミ金は放置する▽多重債務者と直接面談をせず、不十分な債務整理をする−−などのほか、知らないうちに口座から手数料を差し引かれるといった悪質なケースもあるという
posted by admin at 18:20| 金融ニュース

2009年10月29日

債務整理で9千万円脱税 容疑の司法書士を起訴

多重債務の整理などで得た報酬の大半を税務申告せず、約9千万円を脱税したとして、東京地検特捜部は29日、東京都港区の平田季則司法書士(39)を所得税法違反(脱税)罪で在宅起訴した
posted by admin at 20:20| 金融ニュース

裁判員裁判:県内初 3人が積極的に質問 求刑は懲役6年−−きょう判決 /島根 毎日新聞 - ‎1 時間前‎ そのほか、岩田絵理子裁判官が消費者金融の過払い金について、「それを被害弁償に充てることは考えなかった

そのほか、岩田絵理子裁判官が消費者金融の過払い金について、「それを被害弁償に充てることは考えなかったのか」と、補充裁判員が出した質問を代わりに被告人に問いかける場面もあった
posted by admin at 18:20| 金融ニュース

SFCG債権者集会 債権3兆1000億、資産は38億円 読売新聞 - ‎58 分前‎ 瀬戸管財人によると、債権の届け出は今月20日現在、計2万6064件あり、債権額は、約2000億円の調達先の金融機関などが計約

瀬戸管財人によると、債権の届け出は今月20日現在、計2万6064件あり、債権額は、約2000億円の調達先の金融機関などが計約3兆591億円、利息制限法の上限金利を上回る過払い金の返還を求めた債権者が約408億円で、総額約3兆999億円に上る
posted by admin at 12:20| 金融ニュース

週払い返還絡み申告漏れ 県内弁護士も 朝日新聞 - ‎21 分前‎ 消費者金融などに払いすぎた利息を取り戻す「過払い金返還請求」にかかわった弁護士や司法書士が報酬を適切に申告していなかった問題で、県内でもある弁

消費者金融などに払いすぎた利息を取り戻す「過払い金返還請求」にかかわった弁護士や司法書士が報酬を適切に申告していなかった問題で、県内でもある弁護士が3年間で7千万円の申告漏れを福島税務署から指摘されていたことが28日までに分かった
posted by admin at 10:20| 金融ニュース

SFCG破綻:債権届け出、3兆円超 大部分が金融機関の違約金 毎日新聞 - ‎45 分前‎ 破産管財人の瀬戸英雄弁護士は、同社への債権届け出は金融機関や過払い金の債権など総額約3兆1000億円(約2万5700件

破産管財人の瀬戸英雄弁護士は、同社への債権届け出は金融機関や過払い金の債権など総額約3兆1000億円(約2万5700件)に上ることを明らかにした。【酒井祥宏、佐々木洋、前谷宏】 集会には債権を持つ金融機関や過払い訴訟の代理人ら約400人が参加
posted by admin at 08:20| 金融ニュース

2009年10月28日

SFCG、初の債権者集会 大島前社長欠席に不満の声 47NEWS - ‎18 分前‎ 利息制限法の上限を超える金利をSFCGに支払ったとする過払い金の届け出総額は、約408億円に上り、管財人側は「債権者に配当ができる時期や金額の見通しは不明

利息制限法の上限を超える金利をSFCGに支払ったとする過払い金の届け出総額は、約408億円に上り、管財人側は「債権者に配当ができる時期や金額の見通しは不明」としている
posted by admin at 20:20| 金融ニュース

過払い返還請求の落とし穴 週刊アキタ - ‎40 分前‎ その一方で増加傾向にあるとされるのが請求を請け負う弁護士らへの苦情だ。本県でも民間の相談窓口に「報酬が高すぎる」「納得できない」との声が寄せられて

その一方で増加傾向にあるとされるのが請求を請け負う弁護士らへの苦情だ。本県でも民間の相談窓口に「報酬が高すぎる」「納得できない」との声が寄せられており、遠隔地の弁護士に電話ひとつで過払い金を回収してもらう解決方法の「落とし穴」も指摘されている
posted by admin at 16:20| 金融ニュース

2009年10月26日

ヤミ金融業者の実態

過払い金返還請求の大きな負担と上限金利引き下げによる経営不振で、大手のアイフルが事業再生ADR(裁判外紛争解決)の手続きに入るなど、消費者金融登録業者の経営内容は非常に厳しくなっている
posted by admin at 10:20| 金融ニュース

2009年10月23日

佐賀弁護士会:「過払い」返還報酬申告漏れ、近く内部調査に着手 /佐賀

佐賀、福岡、長崎3県の認定司法書士や弁護士が、過払い金返還請求で得た報酬計約10億円について、福岡国税局から所得隠しや申告漏れを指摘された問題で、佐賀県弁護士会(東島浩幸会長)は22日、近く内部調査に着手する考えを表明した
posted by admin at 18:20| 金融ニュース

2009年10月22日

報酬79億円、申告漏れ 「過払い返還」弁護士ら697人

消費者金融などへの「過払い金返還請求」の代理人として報酬を得た弁護士ら804人を対象に、ことし6月までの1年間に税務調査した結果、697人に総額79億円の申告漏れがあったことが、国税庁のまとめで分かった。追徴税額は加算税を含め、計28億円に上るという
posted by admin at 16:20| 金融ニュース

仮装・隠ぺい…“悪質”弁護士ら700人 計79億申告漏れ

消費者金融などへの「過払い金返還請求」の代理人として報酬を得た弁護士ら804人を対象に、ことし6月までの1年間に税務調査した結果、697人に総額79億円の申告漏れがあったことが21日、国税庁のまとめで分かった
posted by admin at 08:20| 金融ニュース

過払い金訴訟扱う弁護士ら697人が申告漏れ 総額79億円

個人事業者に対する2008事務年度(08年7月〜09年6月)の税務調査で、消費者金融などへの過払い金の返還請求にかかわる弁護士や司法書士697人に総額79億円の申告漏れがあったことが21日、国税庁のまとめで分かった。重加算税を含む追徴税額は計28億円に上った
posted by admin at 02:20| 金融ニュース

2009年10月21日

所得隠し:弁護士ら79億円「過払い金」返還ビジネスで

払いすぎた利息「過払い金」の取り戻しを手掛ける司法書士、弁護士に対し、全国の国税局が今年6月までの1年間に行った税務調査の結果、計697人に総額79億円の所得隠しや申告漏れが見つかったことが国税庁のまとめで分かった。追徴税額は28億円に上る
posted by admin at 20:20| 金融ニュース

過払いバブル紳士79億円申告漏れ 国税庁まとめ

消費者金融に払いすぎた借金の利息を取り戻す「過払い金返還請求」の代理業務を行った弁護士や司法書士計約800人が国税当局の税務調査を受け、19年までの7年間で約79億円の申告漏れや所得隠しを指摘されていたことが21日、明らかになった
posted by admin at 18:20| 金融ニュース

デート商法詐欺:信販会社に既払い金返還命令 加盟店の管理責任認定−−地裁 /滋賀

ア社企業戦略部は「コメントは差し控える」とし、19日に大阪高裁に控訴した。 加盟店と信販会社の行為を同様にとらえており、業界で争点になっていた加盟店の管理責任を事実上認めた判決だ
posted by admin at 16:20| 金融ニュース

過払い金返還請求の闇

資格と法律を盾に、貸金業者から利息制限法を超える利息分を返還させる「過払い金返還請求」の代理人となって依頼者から報酬を得ることを目的とし、しかも所得を申告しなかった者たちの存在である
posted by admin at 14:20| 金融ニュース

2009年10月20日

1回目の債権者集会は順調でもアイフルのADRに残る“火種”

アイフルは相次ぐ過払い金返還請求により業績が悪化、私的整理の一種である事業再生ADRを活用し、2800億円の債務の返済繰り延べを求めている。これを実現するためには、融資残高を持つ66すべての金融機関の同意を得なければならない
posted by admin at 02:20| 金融ニュース

2009年10月19日

弁護士・司法書士の過払い報酬所得隠し

福岡など3県の弁護士や司法書士のおよそ120人が、過払い金返還請求で得た報酬、10億円について福岡国税局から所得隠しや申告漏れの指摘を受け、追徴課税されていたことが明らかになりました
posted by admin at 18:20| 金融ニュース

過払い返還訴訟の報酬10億円申告漏れ 認定司法書士ら120人

福岡、佐賀、長崎各県の司法書士や弁護士計約120人が、平成19年までの3年間に貸金業者への「過払い金返還請求」の代理人として受け取った報酬約10億円について、福岡国税局から所得隠しや申告漏れを指摘されたことが19日、分かった
posted by admin at 14:20| 金融ニュース