FW089_s.jpg

キャッシング、カードローンを低金利ローンにおまとめローンにすることで毎月の返済額を減らすことが出来る可能性があります。

また、複数の金融業者から借り入れされている場合は返済日を把握するだけでも大変なものです。

おまとめローンに一本化することで、精神的にも楽になり、返済計画が立てやすくなるなどのメリットもあります。

借り換えにはもちろん審査がありますが、キャッシングの審査自体は、どれも費用は無料ですので、チャレンジしてみることをおすすめします。

2009年11月03日

UPDATE2: ロプロ<8577.OS>が会社更生手続き開始を申請、大証は12月3日付で上場廃止

さらに過払金返済請求の増加が加わり財務内容が悪化。金融機関の与信も厳しくなり、資金繰りが悪化した。 今後は東京地裁と同裁判所から選任された監督委員兼調査委員である内田実弁護士のもと、事業の再建を図るという
posted by admin at 02:20| 金融ニュース

商工ローンのロプロ、会社更生法申請

しかし、最近も「利息制限法」の上限を超える過払い金の返還請求が増加したうえ、金融危機の影響で取引先の貸し倒れが相次ぎ、自力での再建を断念しました。 負債総額は218億円にのぼります
posted by admin at 00:20| 金融ニュース

2009年11月02日

旧『日栄』、更生法適用 負債218億円過払い金返還響く

商工ローン大手で経営再建中のロプロ(旧日栄)は二日、東京地裁に会社更生法の適用を申請し、受理されたと発表した。負債総額二百十八億円。今後は支援するスポンサーを探し、再建を目指す。東京、大阪両証券取引所は十二月三日付での各一部上場の廃止を決定した
posted by admin at 14:20| 金融ニュース

商工ローンのロプロ、更生法申請 負債総額2000億円超も

利息制限法の上限を超える「過払い金」の返還が業績を圧迫し、資金繰りに行き詰まった。最大手SFCGも今年2月に法的整理に追い込まれており、商工ローンの苦境が改めて浮き彫りになった
posted by admin at 12:20| 金融ニュース

2009年11月01日

債務整理めぐり都心弁護士らへの苦情が続発

消費者金融への過払い金返還請求が増加する中、「債務整理引き受けます」などとうたった首都圏の弁護士事務所などへの苦情が、全国のサラ金被害者団体に相次いでいる
posted by admin at 10:20| 金融ニュース

2009年10月31日

高松あすなろの会:債務整理巡る無料電話相談 来月2日から3日間 /香川

報酬が期待できるため、多重債務者が法定金利を超えた返済分「過払金」を取り戻す以外は扱わない▽ヤミ金は放置する▽多重債務者と直接面談をせず、不十分な債務整理をする−−などのほか、知らないうちに口座から手数料を差し引かれるといった悪質なケースもあるという
posted by admin at 18:20| 金融ニュース

2009年10月29日

債務整理で9千万円脱税 容疑の司法書士を起訴

多重債務の整理などで得た報酬の大半を税務申告せず、約9千万円を脱税したとして、東京地検特捜部は29日、東京都港区の平田季則司法書士(39)を所得税法違反(脱税)罪で在宅起訴した
posted by admin at 20:20| 金融ニュース

裁判員裁判:県内初 3人が積極的に質問 求刑は懲役6年−−きょう判決 /島根 毎日新聞 - ‎1 時間前‎ そのほか、岩田絵理子裁判官が消費者金融の過払い金について、「それを被害弁償に充てることは考えなかった

そのほか、岩田絵理子裁判官が消費者金融の過払い金について、「それを被害弁償に充てることは考えなかったのか」と、補充裁判員が出した質問を代わりに被告人に問いかける場面もあった
posted by admin at 18:20| 金融ニュース

SFCG債権者集会 債権3兆1000億、資産は38億円 読売新聞 - ‎58 分前‎ 瀬戸管財人によると、債権の届け出は今月20日現在、計2万6064件あり、債権額は、約2000億円の調達先の金融機関などが計約

瀬戸管財人によると、債権の届け出は今月20日現在、計2万6064件あり、債権額は、約2000億円の調達先の金融機関などが計約3兆591億円、利息制限法の上限金利を上回る過払い金の返還を求めた債権者が約408億円で、総額約3兆999億円に上る
posted by admin at 12:20| 金融ニュース

週払い返還絡み申告漏れ 県内弁護士も 朝日新聞 - ‎21 分前‎ 消費者金融などに払いすぎた利息を取り戻す「過払い金返還請求」にかかわった弁護士や司法書士が報酬を適切に申告していなかった問題で、県内でもある弁

消費者金融などに払いすぎた利息を取り戻す「過払い金返還請求」にかかわった弁護士や司法書士が報酬を適切に申告していなかった問題で、県内でもある弁護士が3年間で7千万円の申告漏れを福島税務署から指摘されていたことが28日までに分かった
posted by admin at 10:20| 金融ニュース